アーカイブ | 2月 2015

生活環境の改善で高血圧が直る

3年ほど前、病院血圧が高いと指摘された。自動で測る機械式の血圧計ではエラー出て計測不能、医者がプシュプシュやる手動の血圧計で測ったら上220、下150だった。これは危険だというので、降圧剤を処方された。それから、薬を飲んだ状態でときどき血圧を測ると上150 下100 ぐらいだった。まだ高いけど、まあ様子見ましょうとのことで、数年経過。

環境を改善しようと、
まず、都会から田舎へ引越した。大きく変わったのは飲み水。以前は、琵琶湖の水を飲んでいたのだが、水道水は塩素を除去してもまだまずくて飲めない。コンビニやスーパーでペットボトルのミネラルウォータを買って美味しいと思っていた。田舎に引っ越してから、水道の水を塩素除去フィルタ通して飲むと、ものすごくおいしいというのに気がついた。お金出して買ういろんなメーカーのミネラルウォータと自分の家の水道水(塩素除去はしてる)と飲み比べると、水道水のほうがおいしい。最初のころはとても不思議だった。もちろん、フィルタ通さずにそのまま飲んでも美味しいのだが、フィルタ通すとさらにおいしいのだ。

次に、いままで白米を食べていたが、5分~7分づきぐらいの玄米にかえた。5分だと玄米の感触が残るが、7分ぐらいだと、白米とあまりかわらない。さらに、これに雑穀米を追加して食べるようになった。ひえ、あわ、麦、ごま、小豆、その他いろいろ15種類ぐらい混ざってる。

さらに、りんご、にんじん、トマト、みかんなどの果物や野菜をミキサーにかかて毎朝コップ一杯飲むようになった。そのままだと噛むのがたいへんであんまりたくさん食べれないけど、ミキサーにかけると、噛む必要がないので一気に流し込める。

さらに、野菜サラダを朝晩食べるようになった。これは噛むの大変だけど、口にあうドレッシングを探した。

あと、チワワを飼いはじめた。血圧に影響するのかどうかわからないけど、精神的に癒される。

で、数年経過。降圧剤は飲んだり飲まなかったり、そのうち、錠剤を割って半分だけのんだり、とかしていて、さいきん、一錠飲むとめまいするようになった。今では、家で安静にしてる状態で、薬なしで、上130 下80ぐらいまで落ちている。家で安静時 上130 下80なら、もう降圧剤は不要だと思う。

急に上がったら困るので、とりあえず、解熱剤みたいに頓服的な降圧剤は持っておく必要はあると思うけど、普段は降圧剤を飲まないことに決めた。

生活環境を変えると血圧が下がるというのを経験したけど、糖尿病とか(これはまだ正常だけど)も防げそうな気がする。