アーカイブ | 6月 2016

電子マネー

最近は電子マネーのカードだけで、現金をもちあるくことがほとんど無い。ポイントがたまったりするし、財布の中で小銭があふれかえることも無い。残高がなくてもあっても、カードの重さは変わらない。
今持っている電子マネーは、ナナコ、楽天edy、ワオンの3種類。
ナナコは他の企業との提携がないかわりに、唯一、税金(バーコード付に限る)が払える。さらに、ナナコで税金を払う時にナナコポイントはつかないが、クレジットカードからナナコにチャージするとき、カード側のポイントがつく。要するに、税金を払ってカード会社のポイントがもらえるのだ。ただし、ポイントが付与されるのは、全てのクレジットカードではなく、限られている。楽天カードJCB、ヤフーJCB、その他?だ。現在楽天カードからナナコにチャージしているのだが、楽天カードで0.5%ポイントが付与されているのを確認している。税金以外にも、バーコードがついているコンビニ支払い用紙なら全部OKで、電話や電気代(これはクレジットカード直のほうがボイント還元率がいい)、セシールとかの通販コンビニ払いの用紙などもOKだ。ちなみにファミリーマートではバーコードの入った支払い用紙は現金のみになっている。
次に、楽天edyだけど、楽天カード付帯、ANAマイレージカード付帯、平和堂ポップカード付帯、などいろいろある。マイレージをためるのならANAだけど、平和堂ではポップカード付帯のedyでないとポップポイントがつかないので平和堂専用になる。色んなとこで使ってみたが、やはり楽天edyがいちばん使える範囲が広い。
いまいちなのがワオンは、通常はイオンクレジットカード付帯のワオンを使うんだろうけど、イオンでの買い物ならクレジットカードで払えばいいし、スマイルポイントのことを考えると、クレジットカードをさしおいてワオンを使う意味があるのか?、JALのマイレージをためるのならJMBワオンがいいけど、通常のクレジットカードからはチャージできない、チャージできるクレジットカードはJALカード系のみ、おまけにJAL系のカードは年会費がかかる。でもJALカード持ってるのなら、それにクレジットカード払いすればいいわけだし、わざわざワオンにチャージしてから使うって意味ってあまり無いのでは? どのカードからでもOKのANA+edyのほうがまだマシ。

結局、絶対に外せない電子マネーと聞かれると、edyとナナコということになる。