アーカイブ | 3月 2017

<要注意>lineアカウントのフィッシング詐欺

以下のメールはフィッシング詐欺ですので、ご注意ください。

タイトルが 「LINE 安全認証」 となっていて

****************************** 以下本文 ******************************

お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。ウェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。

www.line.me/ <=ここが実際にはlinelineki.me等の偽サイトのアドレスにリンクされている

※URLの安全認証有効期限は毎日9時から20時までです。

LINE
LINE Corpooration

****************************** 以上本文 ******************************

たいへんまぎらわしく、うっかり開いてしまいそうです。

開いただけではほとんど害はありませんが、そこでログインするとIDとパスワードを盗まれます。

そして、あたなの家族や友だちに「助けてくれ、金貸してくれ」などのメッセージを送って詐欺をやります。

万が一、うっかりログインしてしまったのなら、すぐにパスワードを変更してください。

 

投稿日: 2017年3月16日 カテゴリー: 未分類

北米進出に関しての途中経過報告

少子化が進む中、子供の頭数が減っていくのと逆に、ひとりの子供にかける投資額というものが増えている。そのため、単純に値段の安いもの価格競争して売るだけでは先の望みが無く、より付加価値の高いものを売らなければ生き残れない、というのは誰でも容易に想像できることである。しかし、その先を考えてみると、必ずどこかで頭打ちになるはずである。そしてその次のステップとして売上げを増やす手段として、扱う品種を増やす、顧客の裾野を広げる、ということが考えられるが、創業当初から、商材分野は広げないというの方針があるため、あと考えられる方法は、海外進出だ。
もうひとつ別の視点からも考えてみると、日本国民は徐々に貧困化している。GDPが世界第三位、世界最大の債権国が貧しいわけないだろうと誤解してしまいがちなのであるが、それは日本の国及び日本の経済を支えている大手企業が富んでいるだけであって、国民そのものは、全体的に徐々に貧困化していっていると思われる。マスコミも都合の悪いことは言わないから、日本国内にいるとほとんど実感することはないだろう。
少々話は脱線したが、極論は「日本を捨てて海外へ出て行ってしまえ」となるのだろうけども、実現するためにあまりにも無理がありすぎるので、日本で現状維持した上で、徐々に海外進出というのが結論になると思われる。現状、有望な海外進出先となると、北米、カナダあたりになると思われる。
会社設立以来3回、ニューヨーク方面、カリフォルニア西海岸、ハワイとどれも冬、お正月前後の休みを使って、現地視察をおこなった。
まずは、ニューヨーク。世界的に平均的な民族が集まって、インフラ的にも整備されており、ビジネスとりわけファッションの中心地である。問題点としては、アジアからかなり遠く、直行便で14時間前後。アジカから頻繁にショッピングに出かけるのはかなり体力精神力が必要である。そのため、このエリアでのターゲットは、アジアから旅行で訪れる人たちではなく、現地在住のアジア人がメインになると思われる。あともうひとつの問題点として、日本を含んで温暖な地域の人種にとって、冬の気候が「地獄」と表現されるほどかなり寒いことである。特別気温が低いわけではなく、湿度や風が関係していると思われる。実際、私の場合、この寒さに生命の危険を感じたため、車で入るのも危険、電車+徒歩入るのも危険、結局、マンハッタンの中心部へは入ることができなかった。
次に視察したのは、カリフォルニア州及びネバタ州のラスベガス、アジアから近くて、気候が温暖なのであるが、今現在でも、荒野、砂漠、田舎、と表現されるほどビジネスに向いていない。唯一、治安が良くて、さらに税制面で有利なラスベガスが候補に上げられる。全米にネット通販をするのなら、ラスベガスが第一候補になると思う。ただし、町としては孤立してるため、ラスベガスに店舗を持つブランドホルダーは多いが、アンテナショップ的な傾向になり、店舗として黒字化するのは難しいのではないかと思われる。
北米でのビジネス展開について、ニューヨークかハワイのみが有望と思われる(それ以外では商売にならない)、西海岸(カリフォルニア)は論外だ、とりわけビジネスとして、今後はハワイが有望だとのこと。
芸能人や有名人のハワイブームが終わりつつあるのとは逆に、アジア~ハワイ就航便の増便、LCCの就航、エコノミー座席シートの素材などの改良、コンドミニアムなどホテルの低価格化、などで、ますます一般日本人がハワイを訪れるようになり、それにともなって日本人向けの日本企業も増える、今現実に増えている、とのことである。
そういう意見もあって、2017年の冬、ハワイを訪問した(私個人的にはハワイは嫌いなのであるが)。オアフ島しか訪問していないが、ビジネス的にはショッピングセンター以外に利用価値はないとおもわれる。道路の渋滞な年始の混雑のためほとんど観光をする時間が無く、外国人向けのショッピングセンタ、現地人向けショッピングセンタ、文化センターを視察した。年中温和な気候、トータトバランスに長けたショッピングの街としてのワイキキはますます発展すると思われる。今回、ワイキキにて会計士と待ち合わせをするはずであったが、急な都合で来られなかったのは残念である。
あと、もうひとつ有望な都市として、カナダのバンクーバーが候補としてあげられる。距離的には日本から一番近く、緯度が高い割には気候は温和である。

 

投稿日: 2017年3月4日 カテゴリー: 未分類